きょうは一昨日の答え合わせです。

まずはMARCH実績TOP15校の

早慶上智合格率とMARCH合格率の「差」です。

march_top15_%e6%97%a9%e6%85%b6%e4%b8%8a%e6%99%ba%e5%b7%ae

TOP15校でも学校によって大きなバラツキがあることがわかります。

特長としては、

早慶上智もMARCHも高い学校と

まずMARCHが高い学校。

前者は国公立大の実績を見たときに

現役進学率が高い学校がMARCH「も」高いことがわかります。

後者はMARCH実績が高く現役進学率も高いことに加えて

早慶上智、国公立が上昇傾向にあるかどうかで見極めます。

参考までに国公立大の合格率を併記した表を示しましょう。

これも学校によってバラツキが大きいことがわかるはずです。

現役進学率を併記した表も再掲してみます。

一定の相関が見られることがわかります。

↓国公立大実績を併記
march_top15%e5%9b%bd%e5%85%ac%e7%ab%8b

↓現役進学率を併記
march_top15%e7%8f%be%e5%bd%b9%e7%8e%87

きょうはMARCH実績TOP15校の紹介ですが、

MARCH合格率が50%を超えている学校は1都3県で100校に近く、

MARCH実績の伸び=難関大合格実績の伸びとは

簡単に言い切れないことは理解できるのではないでしょうか。

もちろん学校としてはそこからアピールを「始めたい」ところです。

MARCH実績が上がらないことには確かに始まりませんが、

早慶上智や国公立実績がついてきていない、のでは

真の実力校とはいえないということです。

次回、もう一度このバランスについて掘り下げようと思います。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。