偏差値が高くて難関校に見える中高一貫校でも、

進路実績の傾向はさまざま、という流れで分析を続けています。

浪人してでも国公立大進学というタイプと、

現役でMARCHというタイプと、その中間層に分かれるという

わけです。

それぞれの学校がいまどんなポジションにあって、

これからどう進んでいくのかを、これまでの推移から

見極めようという主旨です。

それではきょうは予定通り、

MARCH実績上位の学校と現役進学率を併記した表を

紹介しましょう。

march_top15%e7%8f%be%e5%bd%b9%e7%8e%87

前回の早慶上智の実績がMARCH実績を大きく上回る学校の現役進学率と

大きな差があることがわかります。↓これが前回の表。

%e6%97%a9%e6%85%b6%e4%b8%8a%e6%99%ba%e5%84%aa%e5%8b%a2%e7%8f%be%e5%bd%b9%e7%8e%87

ちなみに頌栄女子学院は早慶上智もMARCHもどちらも高く、

両表に登場し現役進学率も84%となかなか優秀です。

ただ、頌栄女子学院、世田谷学園を除けば、

MARCH実績>早慶上智の実績がはっきりしている学校が

多いようです。

全体的な難関大実績の伸びは「早慶上智」「MARCH」の差と、

国公立大の推移で大まかには読み取れると言えます。

さてきょうの「問題」は

次のMARCH実績上位校の中から、

「早慶上智」「MARCH」の差が大きい学校を

差が大きい順に3校ピックアップしてください。

ア=帝京大学
イ=田園調布学園
ウ=富士見
エ=神奈川大学附属
オ=鎌倉学園
カ=鎌倉女学院
キ=逗子開成
ク=桐光学園
ケ=山手学院
コ=昭和学院秀英

ヒントは現役進学率…です。

※答えは記事下部のランキングクリックボタンの先にある「サイト紹介文」の最初に埋め込みました。
(公開終了)

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。