大まかな傾向はつかめても、すべてを言い切ることはできません。

ただし、この順序で上位校の進路実績は括ることが可能です。

1.東大合格者が多い学校は国公立大合格率が高い

2.国公立大合格率が高い学校はMARCH合格率よりも早慶上智合格率が高い

3.国公立大合格率が高い学校は四大現役進学率が低い

4.MARCH合格率が高い学校は四大現役進学率が高い

つまり

3.と4.によって2.が成立しているということになります。

これが基本パターンです。

そのため、

5.MARCH合格率よりも早慶上智合格率が高く、現役進学率が高い学校が

真の実力校ということができます。

ただ人間のすることですから、失敗はあるわけで、

現役合格力だけをことさらに取り出して論ずると

安全志向の学校のほうが優秀であると結論づけられてしまいます。

また、東大合格者数はさほど多くなくても国公立大合格者数が目立つ

学校もあります。詳細を調べてみると合格者に対して進学者が少ないと

するなら、進路実績を意識して中堅クラスの国公立大を受験している

疑いも出てくるわけです。

さまざまな紛れを考慮して以下に

「MARCH合格率よりも早慶上智合格率が高い」上位校を

その比率をソートした上で

現役進学率「2009-2015平均値」を並べてみました。

%e6%97%a9%e6%85%b6%e4%b8%8a%e6%99%ba%e5%84%aa%e5%8b%a2%e7%8f%be%e5%bd%b9%e7%8e%87

男子校よりも女子校が高く、共学校はその中間にあたると言えますが、

それでも個々に差があることが見てとれると思います。

次回は月曜更新で

MARCH実績が高い学校を見ていきます。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。