まさかとは思いますが、「難関大学」がひとつのグループだと

理解している人はいないと思います。

もしくは「東京大学とその他の大学」しかないとも

思わないでしょう。

進路実績が優秀と言っても、東大をはじめとする国公立大を

第一志望に据える場合と、現役合格できる範囲で私立大学も

視野に入れる場合では進学傾向がまったく違ってくるわけです。

ですから、最初の表。過去3年間の東京大学合格者上位14校と、

次の表、代表的な国公立大学の合格率の高い学校ランキング、

さらに続く私立最難関早慶上智合格率ランキング表では、

学校の並びが一致しないというわけです。

(1)過去3年間の合計で東大合格者の多い14校+東工大・一橋大合格者数

%e6%9d%b1%e5%a4%a7%e5%90%88%e6%a0%bc%ef%bc%93%e5%b9%b4%e8%a8%88%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9

(2)国公立20大学*の合格者比率(2010-2016:7年間推移)上位15校

%e5%9b%bd%e5%85%ac%e7%ab%8b%e5%a4%a7top15

*20大学とは
東京、京都、一橋、東京工業、北海道、東北、大阪、筑波、千葉、埼玉、東京外国語、東京学芸、東京農工、東京藝術、東京医科歯科、電気通信、首都大学東京、お茶の水女子、横浜国立、横浜市立

※校名初登場校

(3)早慶上智の合格者比率(2010-2016:7年間推移)上位15校

%e6%97%a9%e6%85%b6%e4%b8%8a%e6%99%batop15

☆は校名初登場校

中学受験DEEP-INSIDEの分析手法では

国公立大+早慶上智+MARCHの合格実績を総合的に評価することを

試みていますが、各校がどこでポイントを稼いでいるかは

明確にあって、3カテゴリーすべてで突出した実績を残すことは

ありえないと言えます。

もちろん重複して校名が登場する学校はありますが、

すべてにおいて一長一短ということがわかると思います。

さてMARCH実績の高い学校を並べ直すと、

最初の3つの表に登場しなかった校名が表れます。

(1)MARCH実績の高い学校で初登場する以下のa~hの学校の中から、

上位3校をピックアップしてみてください。
(校名はMARCH実績上位15校からピックアップした8校です)

a.帝京大学
b.神奈川大学附属
c.鎌倉学園
d.鎌倉女学院
e.逗子開成
f.山手学院
g.横浜共立学園
h.昭和学院秀英

※答えは記事下部のランキングクリックボタンの先にある「サイト紹介文」の最初に埋め込みました。
(11/23まで公開したいと思います)

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。