きょうは少しだけ。

難関大学に現役合格するということは

とても意義があることでベストですが、

仮に現役で合格できなくても、

1年間の準備を経て、巻き返し

希望の大学に進学することも

価値あることだと思います。

もちろん保護者としては1年分の学費を

予備校に払わなければいけないわけですが。

ですから現役合格を第一に考えて、

志望大学を変更するのは受験生本人にとっては

不本意なことでもあるわけです。

ただそこには理想と現実のギャップと

それとその先の将来を見据えるモチベーションが

横たわります。

男子校と女子校で現役進学率に20%以上の差が

あるのは、

もしかしたら、男子のほうが女子よりも

ロマンチストで女子のほうが男子よりも

リアリストだからかもしれません。

そこで東大合格者が多い、でも現役進学率は高くない

という大半の男子校の抱える現実の向こう側を

思ってしまうわけですね。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。