東大合格者数だけにこだわってみてもしょうがないとは

常々言っていることですが、

今回の「問題」では

御三家中=名門中、有名中みたいなイメージで中学受験を志向しても

それは単なるブランド好き

ということを言いたかったのも

半分ぐらいあります。

いやいや世の中ブランドでしょう、という人がいてもかまいませんが、

そのブランドを手にするためには、かなり努力が必要で、

学費だけでクリアできないわけです。

一部の名門校は、難関大よりも本校に入学することに意義がある、

と言います。

よーく聞いてみるとOBやOGがそこで働いていますから、

学校の良さは熟知していても、弱点はあまりわかっていないのです。

まずまずそれで受験生に人気なのであれば、

そこに気づかずとも問題はありませんが、

世の中の流れから置いていかれたときに、あわてても

遅いのではないかなと思います。

もちろん塾は名門中・有名中を受験生が志向すれば

それに応えますが、伝統と歴史が不足している学校や、

中堅校から成り上がった(再興?した)学校には

別の価値観があったりします。

とりあえず、次の「問題」は次回の更新となりますが、

・東大偏重主義

・早慶上智>MARCHのバランス

・現役進学率

このあたりを徐々に深めていきたいと考えています。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。