さてさて10月時点の併願傾向、動向をいくら分析しても

さほどメリットはないと思うのです。

それは厳密な実際の受験校と異なるわけですから。

最終的に紆余曲折を経て、どんな併願パターンになったかは

いままでの保護者アンケートの結果からも

あっと驚く組み合わせになっているものと思います。

ただそれは藪の中。表面化しません。

とにかく理由をあげておきますと、

●あくまで理想の第一志望を貫こうとするあまり、第二志望以下も

理想のラインナップになってしまっていることに気がつかない

●志望校の順位と志望校の受験日程のすり合わせができていない

この2点が大きいと思います。

ふだんから受けるか受けないか、合格したら入学するかしないかを

別にして多くの学校を視野に入れていない結果、

あまりに理想のラインナップであることを自覚した時点で

単に偏差値表の上から、よく知らない学校を選んで受験校と

してしまうわけです。

いわゆる「準備不足」ですね。

中学受験の失敗は保護者の準備不足によるところが大きいのです。

受験生の力不足を補う周到な準備といきたいところですが、

失敗を本人のせいにする保護者までいるようです。

これが表面化してしまうとすれば、

やはり中学受験は残酷です。

受験生の8割はそんなことがなくても、

2割は該当するのです。

中学受験…過去の受験生と保護者の失敗が活かされない

そういうシステムになっています。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。