最終的な受験校の決定。

もしかしたら、中学受験においては

保護者にとってここが正念場であり、最難関であるような気もします。

会場テストで出た偏差値が思わしくない。

このままでは当初予定していた受験校の合格可能性は限りなく低い…と

あせり始める時期が必ずやってきます。

それは人によると思うかもしれませんが、それはかなり高い比率で

その時期はやってきます。

この10月下旬の時期にすでにやってきているのであれば、

ちょっと早すぎ、だと思いますが。

塾が言うところの

「まず合格をひとつ確保する」

これは間違っていないと思います。

hchart161023a

ただ、合格しやすい順に受けていき、チャレンジ校を最後に受ける、

というのは正しい手順とは言えないと思います。

もし入試日程後半にそのチャレンジ校が複数回入試の最終回を

かまえていて、そこを受けるのであれば、もっとも難しい回を

選んで受けることになるからです。

やはり併願作戦は受験生ひとり一人でケースバイケースであり、

埼玉生、千葉生、東京生・神奈川生でも違います。

入試会場の雰囲気に慣れるためのお試し受験と、

合格校を1校確保する、も同義ではありません。

合格しても入学しないことが明らかな学校を受けるのと、

入学する可能性がある学校を受けるのではこれも構えが違う、

ということです。

順序を逆にして、受かった学校の中から入学する学校を選ぶというのでは、

そもそも何のために中学受験を頑張ってきたかわかりません。

誤解しないでくださいね。

結果的に、受かった学校の中から選ぶ、ということに対して

言っているのではなく、いろいろ受けてどこかに受かればいい、

という構えに対して言っているのです。

話は微妙に近い場所をぐるぐる回ります。

論理的な構造に関することもあれば、心理面の話もあるので、

とてもわかりにくいと思います。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。