次の流れが定まるまで、きょうは少し軽めに。

中学受験がうまく行くかどうかはどこで決まるのでしょうか?

第一志望校合格?

どこかの中学に合格した段階で、

「うまく行った」と断定できるのでしょうか?

言い換えます。

中学受験がうまく行ったかどうかはいつ決まるのでしょうか?

対象物に接近しすぎると全体が見えなくなります。

そして世の中は想定通りにはなかなか進みません。

期待していた理想の結果を手にできる確率は100%ではありません。

さて、これからどんなテーマで書いていこうか。

そう思って過去記事のPVランキングを見てみます。

けっこう再掲記事が上位に来ています。

・注目すべき記事だから何度も読まれる

そう受け取ることもできます

・なんだ同じ記事を何度書いても読むんだな

こういう受け取り方もできます

ブログの性格上、同じ読み手が継続しているわけないし、

膨大な記事の中から「それは前に読んだ」と記憶している

ケースはまずないでしょう。

きっとそれは

・何回も強調する重要な記事だから、何回も読んでみよう

これでいいんだと思います。

ただブログ主から見て、微妙だなと思うのが、

「再掲」→必読と解釈する人は、

そうでない記事は「タイトルで判断する」ということです。

書き手はセンスのいいタイトルをつけないと

ブログは読まれない。

しかしながらタイトルのセンスが良すぎて、

記事内容があまりに無残。ということもよくあります。

そういえば別のブログでこんなことがありましたよ。

「あなたが何を言いたいのかわからない」

こんなコメントがつきました。

さあ、どんなリアクションをするか。

しません。

その人がどんな立場でわからない、と言っているかが

理解できないからです。

誰のどんな立場になっても、それはおかしいんじゃないか?

そういうケースも世の中にそれほどないと思います。

「地元民の立場からすれば、そう報道されるのは心外だ」

「観光客から見たらそんなことはどうでもいいと思う」

立場が違うと意見も違うものです。

なかなかそこを一瞬で理解する瞬発力は身につきませんが、

他人のブログにそうコメントする時点で瞬発力はないんでしょう。

つまり「あなたが何を言いたいのかわからない」

とコメントしたあとのことを考えてはないんでしょうね。

ただそう思ったから。

「昨日、箱根に行ってきました」

そんなブログ記事があったとします。

へえ、箱根どうだったのかな?

他人のブログにそんな関心を持ってはいけないようです。

その人は

「ただ、行ってきただけでしたあ。はずした?笑」

でも、

「○○市の○○沼へ行ってきましたあ」

と書けば、

たまたま近所に住んでいる人なら

何か(書くほどのこと)あった?

と思うでしょう。

「行ってきただけでしたあ」

これはお笑いでもユーモアでもありません。

そう思いつつ、キタシロは記事には

真意を匂わせるタイトルをつけようと思っています。

ときに長くなります。

その結果、期待を裏切ることがあるかもしれませんが、

ご容赦ください。

タイトルだけで中身のないブログよりは、

タイトルからは魅力を感じないが、内容濃すぎ。

そんな志向です。

しかし、きょうはさっと短め、と思ったのに

長いですね。毎度のことですが(笑)

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。