そろそろ過去問シリーズも締めにかかりたいところです。

受験生本人の心理として、受験勉強はさせられているだけ

などと自覚していないのは論外として、

「問題を解けるようになる」=「志望校に受かる」

と考えている場合が多いでしょう。

時間内に解くのが入試だということは理解しているでしょうが、

実際の時間配分をどうすればいいかは体得していません。

もちろん会場テストはそのシミュレーションの機会ですが、

出題内容は自分の志望校の問題ではありません。

そういえば笑っちゃう話ですが、会場テストでよい点を取る

対策というのがあるようです。三大模試の出題傾向を分析して

いい点を取り、高い偏差値を獲得する。

獲得した偏差値は張り子の偏差値で、志望校合格に近づいた

錯覚を生じさせて、自信をつけるというもの。

キタシロは会場テストでうまく行かなかった経験が

本番に生きると思うのですが、まずは順調に行っているという

安心が欲しい、という心理状況が芽生える受験生も多いようです。

さて、入試本番を想定した場合に、

・解き方を知っている問題が出る

これがベストでしょう。

でも解き方を知っていても、それなりの作業手順が必要で、

そこを最短で正確にこなしていく。

そこでつまずくと得点になりません。

ですから、

解き方を知っている問題を集中してどれだけ正確に解いていくか

が勝負になります。

ところが、解き方を知っている問題=解いたことがある問題では

本番シミュレーションにならないのです。半分答えを

「知っている」問題では力試しにはならないからです。

ですから過去問でのシミュレーションは本番を想定した制限時間で

まっさらな状態で立ち向かうことが重要で、

何年分やったとか量的な問題ではないと思うのです。

受験生がほめられたい一心で、過去問シミュレーションに

たまたま解いたことのある問題が含まれていて

そこで合格ラインを超えられたとしても

それは本番での油断につながるリスクがあります。

過去問はなかなか解けなくて当たり前。

難関校では解き方がすぐわかるような問題はほとんど

出題されません。

実際の入試問題の正答率でもわかるように、

多くの受験生がクリアする問題をすべて正解する気構えと、

なかなか正解できないような骨のある問題に食らいつく

そのハードルの高低を実感するのが過去問シミュレーション。

そしてうまく解けなかった個々の問題を振り返って

どうすればよかったかをしっかり

反省する作業も含めての過去問対策だと言えるでしょう。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。