よく聞くのは

第一志望校の過去問は5年分ばっちりやりました。

第二、第三志望校は2年分やりました。

そんなコメントです。

「やりました」→ひと通り解いてみました?

それは本当にやったことになるんでしょうか。

時間を測って、本番さながらにやりました?

本格的に過去問をやる!

ということなら、時間が必要で、

平日に1教科ずつ、4回に分けてやりました、

という臨場感でもいいのか?となると、

過去問対策はおおごとです。

そこまでやらなきゃダメなのか、とか

そういう問題じゃありません。

受験生本人はこの構造をよく理解していれば、

時間を分割しても効果はあるでしょうが、

そこはまったく期待できません。

たとえばあえて制限時間+10分で、教科ごと

ガチで挑んでみる。

終わってから

スピード優先で立ち向かうべき問題と、

じっくり落ち着いて解くべき問題を

ちゃんと振り返る。

知識がないことが原因で解けなかった問題の

知識を復習しておく。さらにはその周辺の事項も

確認しておく。

実は

「何ができなかったか」

「どうして得点できなかったか」

について知ることが対策としてはかなり重要です。

本番の試験では

「終わった後の反省」はききません。

つまり過去問は

ただやればいい

というものではないと思います。

その学校が過去に出題した問題を知ったところで、

同じ問題は出題されないでしょう。

さあ、ここまで塾でせーんぶやってくれるのなら

保護者はラクチンですね。

ひとつの教室に塾生が数十名?それ以上いて、

ひとり一人にあわせて

過去問に対してリアルな時間をかけられる

とはキタシロには思えないわけです。
fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。