入試問題のどこで差がつくのか。

これをひとくちで言うのは難しいわけですが、

4科受験だとして、

合格者平均点と受験者平均でいちばん差があるのは算数です。

差がある順に理科、国語、社会と続きます。

複数のそれなりに上位の人気校のデータを調べてみましたが

おおむねそういう傾向です。

理科よりも国語が若干差がつきやすいケースはありますが、

いかなる場合も点差がついているのは算数です。

ということは4科受験で教科別に優先順位をつけるとしたら、

真っ先に立ち向かわなければいけないのは算数の過去問、

ということでしょう。

しかしながらこんなことにも気づきます。

合格者平均と受験者平均に差がある、ということは

その教科で得点できなかったから合格ラインを

越えられなかったということ、です。

当然受験生には得意・不得意があるでしょう。

算数が得意なら、他に差をつけられない代わりに、

そこで差をつけて合格圏にすべりこめるかというと、

それは言い切れません。

差がつきにくい教科で高得点を上げたほうが

合計点で合否を判定する場合には効果的と言えるのです。

たぶん受験生は10月の時点では

すでに合格ラインに実力が届いている教科がないでしょうから、

全教科の底上げを意識していてかまわないのですが、

本番が近づいてくるほどに戦略が必要になってきます。

全教科の果てしない底上げ=志望校合格ではないわけです。

・算数で差をつけられない、算数以外の得意教科で差をつける

もしくは

・算数でできるだけ差をつける、算数以外では穴をつくらない

どちらも簡単なことではありませんが、

こうした直前の戦略は準備しておくべきでしょう。

保護者が知らないうちに塾で全部

やってくれたという話はあまり聞きません。

保護者と相談の上、個別に対策を立てるか、

全般的な底上げが強力だったために、残りは個の力で

首尾よく突破できたにすぎません。

これは少しでも冷静ないまの時期に

インプットしておきたい内容だと思います。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。