なぜ中学入試において過去問が重要か。

それは学校がどんな生徒を入学させたいか、その求めるところが

問題に反映するから、と言われています。

一般的には多少の困難にもくじけず、なんとか解決方法を見つけようとする

姿勢を評価する…もちろん学校にもよりますが、

基礎力だけでは差がつかないため、

難関校ほど、こんな問題、どう発想すればいいんだ?

受験生に思わせるような問題が出題されるようです。

もちろんそういうユニークな問題は無尽蔵に作れるものでもありませんから、

過去の問題をアレンジするケースや、発想パターンが似ている問題も

出題されるというわけです。

そうはいっても塾と言う「プロ」が長年にわたって出題を研究し、

それを教材化してきているわけですから、

見たこともない問題はなかなか成立しません。

それに受験生を驚かせるのではなく、その真の実力を引き出すのが

入試問題の目的ですから、受験生の誰もが解けそうもない奇問を出題しても

意味がありません。

教科にもよりますが、どの学校も一定レベルの知識を問うたうえで、

その運用力を試す、わけです。

当然そういった問題にもさまざまに難易度があります。

その難易度を踏まえたうえで、日ごろ塾で使用している

教材には過去問の断片が散りばめられているというわけです。

にもかかわらず、受験勉強の終盤で、

どのタイミングで、どれぐらい過去問をやるのがベストか、

悩むことになるのでしょうか。

その理由のひとつは、入試問題というものは、

学校によって出題分野と、問題構成が異なっているからです。

場合によっては入試回や年度によっても一定でない場合もあります。

特定の先生の主導で作問しているか、持ち回りで作問しているか、

スタイルも学校によってさまざまです。

ですから、フラットに偏差値分布を算出するのが目的の

会場テストの問題や、一般的な中学受験問題集の掲載問題では、

必ずしもその受験生の志望校の出題傾向に合致しているとは言えない

わけです。

言い方を変えるなら、特定の志望校の入試を突破するために、

その学校が出題しないようなタイプの問題も、

実力錬成のため、ということで

塾生はふだんから取り組んでいるわけです。

本番に向けてより正確なシミュレーションを考えた場合、

これでは十分な対策とはいえないということは

考えればすぐわかることだと思います。

それに1秒でもムダな時間を過ごしたくない、

と思い始めるのも当然のことでしょう。

(つづく)

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。