ひとくちに中学受験というテーマを取り上げるにしても、

関心を持っているのは来春に控えた小6生の保護者ばかりではありません。

保護者ブログを見ても子育てブログの延長線上で、まだまだのんびりしている

保護者も多いようです。

2019年、2020年受験組ということなら、いま小3、4なわけですね。

まだまだそんな切羽詰まってないから。

そう思って当然です。

本番が目の前に迫って切羽詰まっている保護者・受験生と、

これから徐々にエンジンをかけようと思っている保護者・受験生の両方に

ピンとくる内容を書くのはかなり困難だと思ってます。

これはいまに始まったことじゃないですが。

もちろんそこをわかったうえで、「苦しむなあ」と思うのは、

まだ余裕がある組が、直前切羽詰まったらどういうことが起こるかに

あまり注意を払っていないことなんですね。

もちろんそのときになってみないとわからない、ことも多いですし、

予想外の事態も起こるのかもしれません。

でも、これは多くの保護者・受験生を見ている塾関係者から見れば

「あるある」のひとつにすぎません。

受験情報誌の編集長の目線からは、そういった具体的なあるあるは

塾関係者ほど多くはないのですが、過去問にも

「そこを理解しないんだ…」というあるあるがあるわけです。

自分のときはどうだったか。

もし中学受験を経験していなくても、高校受験のときの経験が

保護者にはあるわけです。大学受験の経験もあるかもしれません。

あれ?自分たちのときのことは忘れちゃったの?

それともそれを棚に上げてわが子に接しているの?

それとも、

その苦労に気づかないで通過してきちゃったの?

それはわかりません。

過去問=過去問題を知らない人はいないにしても、

その学校がどんな問題を出題するかを知らずに

受験するリスクは無視できないでしょう。

そもそもそんな受験生いるんですか?

という話です。

よっぽど平易な個性のない基礎的な問題しか

出題しない学校を受験するのならかまいません。

実質競争率1倍なら、それでも合格します。

そんなこと言われなくてもわかってる…

という声が聞こえてきそうですが、

なぜ過去問をやるのか。

過去問をやることで、何を身につけるのか。

どうもそれをスルーしたままで、

「過去問対策がままならない」

「じゅうぶんに過去問に取り組む時間がない」

「塾が面倒を見てくれない」

そんな意見が飛び交っているように思うんですね。

実はキタシロ、中学受験情報誌を15年やる前は、

高校受験の中3生相手の月刊誌を作っていました。

「入試にアジャストする」戦略→考え方と、

受験生本人たちの心理状況はけっこう理解しています。

中3の頑張らなくちゃと小6の頑張らなくちゃ、その保護者の

頑張らなくちゃはそれぞれに違いますが、

待ってくれない入試スケジュールにアジャストしていく過程は

あらゆる試験で共通部分が多い。

世の試験と言うものの中には難易度・厳しさを知らずに

飛び込んでもなんとかなるもののなくはありませんが、

それは失敗してもすぐに次のチャンスが与えられるタイプの試験

だけです。

中学入試は一度きり(複数回入試の学校や、複数の学校を受験することは可能ですが)。

だからこそ緊張するのでしょう。

過去問対策はその中でももっとも象徴的な要素です。

入試準備の総仕上げが過去問対策と言っても過言ではありません。

何度も話に出てくるかつての上司が

「そんなに過去問が重要か」と言ったエピソードは

いくら思い直しても理解できませんが、

可能性としては「さほど厳しくない入試」を「余裕で乗り越えてきた」か

「過去の痛みを忘れ」「目先のことしか考えていない」以外に

考えられないとさえ思います。

当時は、これが名言としてここまで印象に残るとは思っても

みませんでした。

もしかして

自分のときはそんなに深刻じゃなかった

イメージのまま、中学受験生の保護者をつとめているとしたら…

過去問対策に踏み込む前の

段階、けっこうたっぷりありそうですね。

次回は中学入試の過去問そのものに対して、もう少し具体的に迫ります。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。