昨日の日本女子大附属と東京女学館の比較を相談しに来た

親御さんの話のつづきです。

まずはどこから通うのか。通学時間の問題があります。

前者は神奈川、後者は東京。

でも移転先の住所がその中間点なら、通学時間に悩む必要はないかもしれません。

ただし、片や大学付属校、片や一般的な進学校。

そのころは後者の進路実績がかなり怪しかったので、そういった話題は出した記憶が

あります。

まあ、最後までお二人がどこを悩んでいるのか自分には理解できませんでした。

どっちもいい学校ですよ。偏差値もそこそこ高いし。

そう言ったような気がします。

後から考えると、どちらも系列小学校があります。

そういった私立女子校らしい「環境」を望んだのかもしれませんね。

じゃあ、相談の必要はありません。

もちろん自分たちの選択に対してセカンドオピニオンを求めてきただけかも

しれません。

かまいません。それなら一定時間お相手します。こちらも勉強になりますから。

話は変わります。

進学塾のスタッフは

こうした進路相談をどう考えているのでしょうか?

塾によっては保護者・受験生が合格したい学校に合格させるのがプロの仕事であって、

学校選びには口を挟まない、主義の塾もあることでしょう。

いやその前にこの手の学校分析がどれだけ各塾でなされているか、

そこのところは疑問を感じます。

結局は、学校分析をして個別の情報があっても、受験生の志望校決定に

関与しないとするなら、無意味だからです。それより学校個別の情報というよりも、

過去問の傾向を分析した学校別対策授業のようがウケはいいはずです。

それはそれでそれぞれの塾の考え方だと思います。

しかしながら中学受験の業界で熟練した手腕を持つ人物なら、

「そんな学校のために、そんな過酷な努力をするのか」という

感覚は持ち合わせているに違いありません。

とはいえ、その「感覚」が客観的かどうかは信じるしかありませんから、

学校選択の責任はほぼ100%保護者の肩にかかっていくのです。

絶対忘れてはいけないのは、塾として難関校に合格する受験生が

ひとりでも多く出現したほうが、翌年以降の営業施策に多大な

影響があるということです。東大合格者が1名でも多いほうがいいと

考える中高一貫校があるのと同じです。

そこのところの「良識の幅」はここでとやかく言っても

はじまりません。

こうしていろいろな要素が絡まり合った末、入試が終わり、

無事どこかの学校に合格することができたとします。

よく「御縁があった」というのはそういう意味合いです。

そこからいろいろなことが始まります

第一志望だろうが第四志望だろうが、そこまでどんな過程を

踏んでそこまで来たかによって、その先が決まっていきます。

いずれにせよ、結果に至るまでの(過程の)「評価」が

中学受験においてはかなり歪んでいる、そう思えるので

こんな流れで書いてみました。

明日は、塾の進路指導・進学相談について少し書こうと

思っています。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。