さてさて、中学受験を決断するにあたって、

その県の高校入試の知識もそれなりに重要という話を展開して

きました。

なんとなく中学受験で進路を決めたほうがラクできる…

といったような安直な決断ではリスクが大きいということでした。

中学受験のほうが費用もかかるし、難易度も高い。

高校受験のほうが費用もかからないし、難易度は低い。

そういった構造を理解することなく、見栄だけで

中学受験を決断するリスクの話でした。

高校入試の話から次の話題を探していましたが、

まだその周辺に知っておくべき背景があるようです。

というわけで中学入試と高校入試の相関の話へ

展開したいと思います。

中学受験における保護者の見栄の話は

また別の機会に。

中学受験の2~3割は保護者の見栄でできていますからね…。

さて、中学受験は特殊です。

なぜ特殊か。

ごく一部の人しか中学受験をしないからです。

同じ東京でも、

中学受験をする比率が公立小学生の3割に近い地区もあれば、

1割に満たない地区もあります。

特殊でしょう。

中学受験は準備費用も学費もバカにならないので、

ご家庭の経済力も大きく影響してきます。

地域における温度差だけが特殊性ではありません。

高校入試…これは都道府県によって、それぞれシステムが違います。

どんなに境界に住んでいても、県立高校と都立高校では

選択肢が違ってきます。

中学受験そのものにはこの公立高校の入試システムの違いは

直接には影響しませんが、私立中学のラインナップを俯瞰したときに、

東京+神奈川の千葉+埼玉の間にはかなりの違いがあることは

すでにお気づきでしょうか?

前者は高校募集のない中高一貫校と男子校・女子校が多く、

後者では高校募集のある共学校が多い、というわけです。

ということは高校入試との相関関係は後者のほうが強い

ということになります。

中学受験でダメだったら、高校受験でリベンジ

のリスクだけをとっても

1都3県で同じではありません。

特に神奈川は進路実績上位の学校は

高校募集のない中高一貫で独占されているため、

数少ない県立トップ校へ滑り込む以外は、

高校受験でリベンジ、はまず困難です。

つまるところ、視野に入れている志望校レベルと、

住んでいる地域によって、同じ中学受験でも

知っておくべきことには違いがあるんですね。

中学受験はその特殊性を理解する…

これだけでも、いったん取り組んだら

「ここで受かっておかないといけない」

のかが理解できるわけです。

明日はなぜ東京・神奈川の中学が2月1日で

固定されているのか、という方面へ

話をスライドさせていきましょう。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。