結局ここまで高校入試については、都立のみしか語っていませんが、

高校入試の歴史は平等性と救済措置につきます。

ただ、ふだんから努力している優等生を評価するための調査書は、

いざ受験というときに多くの受験生の足かせになります。

それでは学力検査一発勝負がいいかというと、その当日に

体調不良のため、もしくは天候不良や交通事情のために実力を

発揮できなかった受験生も救済したいという動きが出てきます。

かつて、いや現在でも、陸連の五輪マラソンの選手選考が

不透明な構造と似ています。

また、早めに高校受験の合否が決定すると、中3の3学期が

空洞化するから、高校入試日程を調整せよ、みたいな議論もあります。

高校受験のために中学3年間が存在するわけではない、という

主張もあるわけです。

以前、推薦入試と一般入試の定員の配分がどうあるべきか、

深く調べたことがありましたが、募集定員と志望者が1:1であれば、

定員比が半々の場合、双方の名目倍率はそれぞれ2倍になります。

高校入試が2倍だなんて、感覚的にはかなりの狭き門です。

全入のケースですが、狭き門に感じます。

実際には1.3~1.5倍のケースが多いわけですから、50%50%の定員比で、

2.7倍&2.7倍でしょうか。

これが定員比30%70%や20%80%ならどうでしょう。

推薦入試の倍率は上がり、とても受からない気になります。

でも、一般入試では受かるのです。

その理屈が理解できず、一般入試ではランクを落とします。

通例として「雪崩現象」が発生し、トップ校から2番手校、2番手校から3番手校と

受験生が降りてきて結局4番手あたりが激戦になったりします。

この構造を逆手にとって、私立高校は戦略を練ります。

多くの学校は、公立(都立)が不合格だったら、ウチに来ればいい、と

誘います。公立の合否確定まで、入学を保留すると誘います。

一部の上位私立高だけが、公立の合否を待ちません。これらの私立を併願する

場合は、入学金を払ったあとに辞退することになります。

後がない不安から、安全策へ流れがちになる構造が高校入試にはあるのです。

ほんとうに細かいケースは具体的に解説できませんが、

中学入試がダメなら、高校入試でリベンジと安易に考える

保護者・受験生の多くが、よい結果を残せない構造がここにあるわけです。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。