どうしても深層が見えて、記事の展開がズレてきてしまいますね。

でもこの「どうして、そう考えてしまう?」という瞬間こそ、

自分にとっても読み手にとっても重要なんだと思っています。

これが情報誌の編集長だったり、塾長だったり、敏腕家庭教師だったりなら、

四の五の言わずに仕事をしろ、となりますからね。

わが子の幸せを祈るあまり、保護者が足を引っ張る…。

高校受験を回避して、中学受験をすることでアドバンテージを稼ぎたいのに、

中学受験のアドバンテージをきっちり理解できていない。

ただただ高校入試に恐怖感?嫌悪感?を抱いている。

中学受験生の7~8割は成功します。

ということは2~3割は失敗します。

失敗組の半分弱は全滅で、表面に決して浮上してきません。

そしてそのまま、高校受験でリベンジと称して、再び多くが失敗します。

毎年、その繰り返しでしょう。

誰かが成功すれば、誰かが失敗するのかもしれませんが、

成功するためには「失敗パターンに陥らない」も立派な戦略だと思います。

でも、成功するメソッドをただただ追い求め、あたかも幻の背中を

追うごときです。

堂々巡りだなと感じたら、原点に戻ってみる、のも人間の知恵の

ひとつだと言えるでしょう。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。