昨日の記事では、中学受験で高い目標を掲げて挫折したとしても、

高校でリベンジすればいい、という発想がいかに安直かという話でした。

中学入試は失敗してはいけない、が大原則です。

でも、これ塾の立場から見ればどうでしょうか?

高校受験も扱っている塾であれば、また塾に優秀な実績を残してくれる卵が

残ったという発想もできるのです。

まさか、これを意図的に操作する塾が存在するとも思いませんが、

中学受験で実力以上の目標を立てている受験生は、できるだけそっとしておいて、

ダメならダメで「さあリベンジ!」と励まそう、という作戦も十分に

考えられるということです。

ここからは中学受験で上位校を目指すケースと、高校受験で公立トップ校を

目指す場合のギャップについて深めたいと思います。

まずは都立高校。

手元にある都立高校の進学データは、残念ながら2010-2016のように、

公式データでは完全に揃っていないため、若干の誤差は考えられますが、

難関大学合格実績というパフォーマンス的に、どんなレベルにあるかが

かなりの精度で判別可能です。

以前fcブログで2010-2016の難関大合格ランキングを「国公立中」入りで

作りました。(↓fcブログ記事末リンク)

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)

その100校の順位表に伍していける、まず都立高校…

2016年の単年実績だけ見れば、

進学指導重点校7校、進学指導特別推進校6校、

すべてTOP100に相当する難関大合格実績です。

都立高校2016jisseki

これに進学指導推進校13校のうち5校がほぼTOP100ラインと

同等の数値になっています。

つまり、東京在住に限定していうなら、私立中高一貫校の

トップクラス55校に対して、国立中4校、都立(区立)中10校と

並んで、都立高校18校が一定レベルをクリアしている、ことが

わかるのです。

これだけでも中学受験でダメだったら、

高校受験でリベンジというような

呑気な話ではないことがわかります。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。