リオ五輪の中継をかなり見ました。

ほとんどがNHKでしたが、NHKでも地上波のチームとBSのチームが

別制作であることがよくわかりました。好みが違うというよりも、

内容がかぶりまくり。もちろん金メダルを獲った感動の場面は何回流しても

ウケるので、繰り返し見せつけられました。

選手たちは一生懸命で勝ち抜けば勝ち抜くほど、生放送的には競技の

時間帯がバッティングしていきます。なおかつ、事情で進行が遅延すれば、

どのタイミングでニュースを入れるかが行き当たりばったり、ということに

なってきます。しかも、台風情報が追い打ちをかけるわけですから、

編成の人間は死にそうだったリオ五輪でした。

いろいろな場面がありましたが、最後の最後にネタ切れで生放送していた

日本選手の出ない男子レスリング65キロ級の3位決定戦。

同じ競技でも他人の試合って見ないみたいですね。

あくまで自分の試合に集中、というか、

同じ階級のライバルのことしか頭にないようです。

というか、ふだんからそういうトレーニングはしていないみたいでした。

モンゴルの選手が10秒を残して7-6とポイントでリードし、

まさに「アッカンベー」的に両手を広げてマットの上を逃げまくったのです。

残り2秒で、「逃避」が認定されポイントが7-7の同点になり、内容負けで

銅メダルを失いました。するとコーチ2人は抗議のつもりか、

相手の勝ち名乗りを妨害したばかりでなく、服を脱ぎだしてパンツ一丁に

なって大立ち回り。

審判にメダルを盗まれた!の大抗議。

いま流行りの「チャレンジ」で再判定を要求し、間違いなく時間内に

「逃避」による1点で同点になったことがわかり、チャレンジ失敗の

さらなる1点が追加され8-7でウズベキスタンの選手の勝ち。

勝者もすっかり勝利を台無しにされて、心から喜べない苦渋の表情でした。

女子の48K、58K、69Kで日本が金メダル三連発だったとき、

いずれの試合も最後の最後に大逆転でした。

「最後まで諦めない!」登坂も伊調も土性も口々に言っていたものでしたが、

このモンゴルチームは見ていなかったのでしょう。

どう見ても試合を有利に運んでいて、国をあげての愚かさ全開。

日本選手ばかりを追っていると、気がつかなくても、裏ではこういう場面も

少なくないようです。

メダルの重さとスポーツマンシップ。

帰国してからのことを考えれば、いま何が何でもメダルにしがみつきたい、

それでのちの人生が変わる…そう思って人生を違う方向に舵を切ってしまう

愚かさもまた人間の特長なんでしょうね。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。