何事もネガティブにばかり考えていてはいけないのですが、

フラットに考えて「中学受験の全貌」を意識したときに

否応なく目に入ってくるのは二極化です。

人気校と不人気校。

以前も書いていますが、ことしの中学受験はどうだった?

と聞かれて、

「どうもこうもない」とは答えられないわけです。

でも、ある程度より上の学校は人気が継続、

ごく一部の学校は惨憺たる状況、

残りの学校は不規則に増えたり減ったり。

これでは本当にどうもこうもありません。

そんな中で「入試改革」という表面的なテクニックで

一時的に受験生を増やしては、6~7年もすれば、

「あれは何だったんだろうね」

という繰り返し。

いや、それが中学受験さ。

そうなんでしょうか。

入試を5回も6回も実施して受験者合計が20人前後とか、

入試回によっては受験者ゼロとか、そういう学校は

真剣に入試問題を作成しているでしょうか?

塾に作成をアウトソーシングしておいて、表紙だけ付け替えれば、

声の教育社も過去問を一般販売しないからそれでOKだったり。

学年1クラスでしかも、少人数なので目が行き届く…

なんてアピールしている学校は、

もはや一生懸命やっているふりが仕事というようにも見えます。。

でも保護者の視野にはそういう底辺、あえてそう書きますが

そういう学校は視野に入ってこないのです。

興味がない。

底辺の学校はどうすればよいのでしょうか?

そんな名前も聞いたことがない学校は受けないなあ…。

じゃあ、どこまでだったら「受けてもよい」のでしょうか?

消費者の選択力が低下しているのは、

あらゆる場面で見受けられる現象です。

「情報も選択肢も多くてとてもじゃないが決められない…」

まあ、だからこそ広告が威力を発揮するのでしょうが、

「わが広告主」を見ていても、

ナメられているなあ、と笑います。

でもよく考えると「広告を見せられている側」もナメられていますが、

「出広している側」もナメられているんですけどね。

たとえば予約して宿泊して不満だったホテルが広告表示されると

しましょう。一度予約してクリックしていますから、

ブラウザに関連付けられているのでしょうが、

たびたび同じ広告が表示されます。

すると二度と泊まらない、しつこいね、と思うわけです。

「名称を周知する効果」だけでお金が動いている好例でしょうね。

周知と悪印象は関連づけられていません。

好印象が増幅せず、悪印象が増幅する、そんな逆広告効果も

頻繁に存在するわけです。

○○学園、○○中学のみなさん、

目先の一生懸命も重要かもしれませんが、

そこに広告費を割くよりもやるべきことがほかにありませんか?

知識の浅い消費者のアピールになっていると

そうお思いなわけですね。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。