前の記事では将来ラクをするために、

いま必要以上の苦労(努力)をする、という話で書きました。

いま頑張っておけば輝かしい将来につながる、

という発想とは表裏一体切っても切り離せない関係です。

「必要以上の苦労(努力)」をどう判断するか、

そこには正解はありません。

それよりも、「将来ラクできる内容」でしょうね。

医師免許、弁護士免許をとっておけば、将来が保証される。

それはわかります。

自分が将来、どのように社会に出て役立っていくかの

具体的なイメージがあります。

まあ別に具体的な目標がなくても、自分が興味を持つ分野で

頑張っていきたい、でも十分です。

興味を持つ分野が明確でないので、中高6年間で

そういう対象に出会いたい…それも立派な目標です。

ただそれが

「とりあえず偏差値の高い難関中学に入っておく」

「そこから東大を目指してみる」

なのかということです。

いろいろ微妙ですけどね。

そこはどんな理屈でもつけられるので、

おまかせします。

とにかく中学受験において、

12歳という地に足がついていない年齢で

単なる上昇志向と見栄で無理をした結果、

遠回りする人も少なくない、ということです。

それでもやるだけやってみる、

結構です。

リスクを意識した上のチャレンジは

どんな場合でも有意義だと思います。

何も考えずに本能的に突っ走ってしまうのだけは

自粛しましょう。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。