しつこい性格なのでPVを確認しながら、まだだらだら行きます。

関東ばかりじゃなく日本全体尋常じゃない暑さなので、

脳みそがとろけそうな気分はとてもわかります。

でもそれで本当に思考停止するようなら、

はじめから中学受験は降りたほうが正解。

編集部にいた頃は、広告のせいもあり、業界として中学受験を盛り上げる存在

でなければいけないと思い込もうとしていたために、

胸が苦しいことも時にはありました。

まあ、それでもしかるべき場所で正直に言っちゃうわけですが。

「そんな学校に行くぐらいなら、公立のがよっぽどまし」

おっと、公立中高一貫校情報誌でも、地域によって

存在意義が大きく異なっていて、

「公立中高一貫なんて物好きしか希望しない」地域も多くありますからね。

公立中高一貫を狙っていると宣言しても、

日本国民の多くは「ナゼ?」と理解しないと思います。

他人の考え方に対して、

「そういう考えもある」というリアクション自体はなんの問題もないと

思うのですが、自分の考えがどこにもなく、

あらゆる他者の考えに対して

「それ、すべての部分で正解とは言えない」というのは

非常に空虚だと思っています。

そんなことより8月8日の「陛下のおことば」11分2秒を中心に

2時間だか3時間だかの特番を組んで、「市民の声」を

伊勢神宮近辺に求めたNHK。さすがに渋谷の街の声というわけには

いかないのはわかりますが、この場面でいろいろな雑多な意見は

必要ないわけですよ。

もちろん出演者的にも「生放送で不測の事態」なんて

シャレになりません。でも月曜の午後3時…リアルタイムで

フルバージョン視聴して初めて伝わるものもあるよなあ、と思いました。

あらゆるオフィスや学校で、国民がテレビの前で

正座して待ちました? そういうわけにもいかないでしょう。

宮内庁は動画配信もしているようですが、まあそれはアリバイです。

誰が何をどこに向かわせようとしてこうなっているのか…

デリケートな問題だけに、素晴らしい議論の題材だったなあと思った次第です。

大人にとっても、未成年・学生にとってもね。

ほら、またそこで「そういう見かたもあるけどね」なんて

言ってませんか?

日本のそういうところが本当に心配ですね。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。