それにしても、一部には本能的に私立中学を受験しようと

考えている人たちが本当にいるようです。

公立中学進学は初めから自分たちの進む道ではない、と。

公立中学をバカにしているとかそういうことではなく、

中学は私立、と最初から決めている。

その進学理由などどうでもいい。

まあ後付けで何とでも言えます。

もしそんな人たちばかりなら、私立中学というだけで

学校の経営は安泰です。

また一部には公立中高一貫校はお得である、と信じて

疑わない人たちもいます。

入学までの努力と、それがどういう結果で報われるかを

しっかり結びつけることはなく、

私立中学に進学させる学費はないが、公立中高一貫だったら

学費が安いから大丈夫!

いずれにせよ、なぜ中学受験をするのかの答えを

知りたい層の厚みを考えると、この2つのグループは

無視できない数、存在します。

これでも、

受験はギャンブルとは違う、と言い切るのでしょうか?

おっと、ギャンブルの定義の幅もありますから、

適切ではないようですね。

いずれにせよ、12歳という年齢で結果とそこに到達するための

努力のアンバランスを知ってしまうのは、百害あって一利なし、

だと思うわけです。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。