このあと、fcブログで扱ってきたテーマとこちらの独自ドメインの話題が

少しクロスしていくような感じです。

fcブログでは偏差値で過大評価されている学校、過小評価な学校を

取り上げました。

その理由は保護者が必要以上に偏差値を気にかけるから、

にほかなりません。

結局は過大評価、過小評価には理由がありました。

「意外」な評価のギャップは自分が見る限り、それほどありませんでした。

「入学するなら有名な学校」という記事が再掲シリーズの中にあったと

思いますが、タイトルに共感した人がいたようです。

これは「なぜいま中学受験なのか」というタイトルに反応するのと

同様で、見事な読み手の弱点を示しています。

あるところでこんなことを発言したのを覚えています。

「競馬の必勝法はどうすればいいのですか? そんなのカンタンです」

たぶん「競馬の必勝法」でイメージする内容に個人個人で差がありすぎる。

受験はギャンブルですよ。

特に中学受験は。

この展開に戸惑う読み手もいます。

やっぱりここだと思うんで、ここのくだりは明日もう1回

書くことにしましょう。

中学受験とギャンブルの共通性…

ギャンブラーなお父さんのほうが意外に攻めが上手だったりするかもしれません。

人それぞれいろいろな考え方がある、のは事実です。

思うに

「確かにそういう考え方もあるけどな」

こういうリアクションの人は、誰かのあとをただついていく人です。

「自分の考えはこうこうで、違うよ」

こういうリアクションの人は、リーダーたる資質のあるひと握りの人たち

だと思います。

途中で自分がついていくべき人を間違えたことに気づき、

ついていくべき別の人を探す。

同じベクトルの人に出会うまで、しばらく先頭を走って(歩いて)

みませんか?

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。