夏休みモード…をどの程度割り引けばよいのか、見当がつきませんが

とりあえずは塾ネタ、再掲7本いかがだったでしょうか?

あらためて読む側はかなり入れ替わっているんだなあ、と実感しました。

以前にも書きましたが、自分がどんな保護者で、どんな中学受験を

しようとしているかは、俯瞰力の面でも重要なポイントです。

別に中学受験をするわけではない「ネット迷子」にそれを説いても

意味がないんですけどね。

さっきPVを確認しましたが「進学するなら有名な学校…」というタイトルは

なかなか内容が伝わらないのか、非常にブログ主から見て興味深いです。

「難関中学を突破しましょう」

「有名中学とはこんなところです」

某進学塾のこういう誘い文句に素直に興味を示す時点で、

その保護者あって、その塾あり、という構造なんですけどね。

難関、有名、の基準はとても抽象的ですから。

説明しなくても察してもらえると思っていましたが、

そうとも限らないようです。

というわけでこの先はそういう「甘い」?保護者を期待する

塾業界の構造について、という方向へ話を向けることにしました。

いずれにせよ

自分でもいろいろなテーマを散らしながら始めたブログだったので、

塾についてどこまで突っ込んだか、すっかり忘れてしまっていました。

再掲の7本を振り返るところからまず始めます。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。