塾関係の話…紹介に値するネタはあまり残ってないかな、と思ってました。

地雷塾の話ばかりしても暗くなるだけですしね。

ところが、ある塾関係者のブログを読んで、やっぱり書いたほうがいいかな、と

思ったわけです。

このカテゴリーのタイトルには「塾には塾の事情があって…」ですが、

やっぱりそこに尽きますね。

彼らも食べていかなければいけない。

どんな職業でも「食べていくために無茶してる」感が前面に出てしまうのは

いただけないと思うんです。でも、

「じゃあ、お前、俺にどうしてくれるんだ?」

と言われても、こちらは何もする気はありません。

そこは消費者がしっかり地に足をつけて選び取る、しかないのです。

以前、会社の後輩が入社数年で辞めて、学生時代からの夢をかなえるべく転職しました。

夢はかなったといえば、かなったようですが、あまり長く持続しなかったようです。

次に出会ったとき彼は中学受験塾の塾長になっていました。

過去問分析にかけては一家言持っていて、その彼と企画を進めていた時期がありました。

他塾とのいろいろなお付き合いの中で、彼が得意とする過去問(特に算数)の分野では

いろいろアドバイスをあおぎつつ、情報誌の制作を進行したものでした。

あるとき一通のメールが届き、

「お宅はどんな意図があって、あんな塾と結託しているのか。お宅みたいな有名な出版社が

あんな問題人物と仕事をするのはおかしい」

メール送信者が名乗っていたかどうかははっきり記憶にありませんが、

それを本人に確かめてみたところ、

トラブルがあってやめさせたスタッフなのだそうです。

他人のゴタゴタですから、どちらに非があったのか、五分五分なのかは

わかりようがありません。

でも問題は「お宅のような有名出版社があんな問題人物と…」の下りです。

有名かどうかはどうでもいいですし、そんな中傷をして何になるのでしょうか?

きっと自分の憎むべき相手がメディアに出ていたのが許せなかったのでしょう。

「別に結託しているわけではないですよ」

それで話は終わりでした。

そんな営業妨害を画策するより、自分の塾の実績を伸ばせよ。

まあ背後に保護者もいることですし、いろいろ難しい人間関係になっていくのは

理解できないこともないのですが、かなり残念な思い出です。

麻布合格者3名(なのにランキング記事に掲載されていない)でクレームをつけてきた塾の話も書きましたが、

この業界意外と「え?」という人物は多いのです。

こんなこともありました。個人塾の塾長先生ですが、まあ名物塾長で

学校の説明会でよく会うのです。御年八十有余歳のご高齢。

塾の情報誌を制作していたころ、アンケート依頼をすると、

返信用封筒を使わずに持参するのです。

つまり会社に面会に現れる、ということです。

最初のうちは丁寧に対応していたのですが、あまりに毎年なので、

こちらも根をあげました。

変更点がなくても「これでいいんですよね、確かに渡しましたよ」

無料告知スペースなので、こちらもなかなかつらいわけです。

800~1000塾を掲載しているうちのひとつの塾です。

「ところで、娘の塾からはちゃんと回答が返ってきておりますか?」

と毎回聞くのです。それ、こちらに聞かないでくださいよ。

ある年は

「ここから東京大学へは電車でどのように行けばいいんですか?」

まあ、塾業界変わり者は多いですが、場数を踏むと突出した経験は

いくつか出てきますね。そういうものです。

彼らが「うちにも事情があるんだよ」と言っても素直には

「はい、そうですか、わかりました」

と聞けないのはそういう理由からです。

<★初出、fc2ブログ15/11/6記事>

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。