最近あまりにも、オチがつまらない、タイトルだけの親ブログを

立てつづけに読んだせいで脱線してしまいました。

言い尽くして次へ行きたいのですが、学校も保護者にカッコつけるのは

毎度毎度のことのようです。

そして、学校は塾にもカッコつけます。

同じように???

いえ、塾のスタッフは、一般保護者よりもプロですから、

もっと真剣にカッコつけます。

見破られていないとでも思っているんでしょうかねえ。

塾関係者にも凡庸な方々が増えているので、

何も感じないのでしょうか?

そういえば十年以上前、とある世田谷区の私立女子校の

プレゼンが稚拙だったので、学校から駅への帰り道、

見ず知らずの塾関係者とおぼしき人物に、

「この学校はいつもこうなんですか?」と尋ねたところ、

「いつものことですね」と返ってきました。

じゃあ、こんな学校の説明会、行く必要ないじゃない?

え?謝礼で図書カードくれるから、それが目当て?

あのですね、世の中、公務員に対する巧妙な接待って

あるんですよ。飲食や金品はNGでも、いろいろ絡め手が

あるわけで。

ねえ、塾長先生が、入学金は払う必要がないから、

受験だけでもしておけ。そうすると安心して本命校の

入試本番に望めるぞ、そうやって特定の学校を薦めればよい

わけですよね。

まあ、中学受験なんか見栄のかたまりなんで、

保護者は学校の見栄に気づいている暇はないのかもしれません。

ことしこそは念願の東大1名を期待していたんですが、

直前の模試が悪くて、東工大に変えてしまいまして、進路指導部

一同、強気で行け!と励ましたんですが、こればっかりは生徒本人の

ことなので…

何を言っているのでしょう、という感じです。

安定して東大志望者10名のレベルまで到達すれば、

そんな悩みはないでしょうが、まあ無理な話というわけです。

それにしてもたくさんの学校を見比べていると、

こんな情けない系のエピソードとは無縁の学校も

たくさんあるのです。

もし、学校のこんな見栄やマジ?と思える美辞麗句に

まったく心当たりがないのであれば、中身のつまった

TOP30レベルの上位進学校しか志望していないのかもしれません。

よけいな危うい学校は視野に入らないのだとしたら、

それはそれでとても幸運なことだと思います。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。