「中学受験・文章題に強くなる!」

もちろん自分がひっかかったポイントは

「文章題」です。

この単語は大昔からあったと思いますが、

「文章題」とは何でしょうか?

深く考えないでしょうか?

一行などの計算問題ではなく、

そういうドリルっぽいものではなく、

それなりに問題文があって、解く算数の問題。

中学受験、文章題に強くならないと合格しません。

って当たり前の話で、

計算問題以外のすべてを網羅ってことですよね。

リアルに配点を考えたら、入試問題の配点の

7~8割は文章題でしょう。

タイトルが安直すぎるわけです。

そして、それで売れ行きがいいから企画が通るわけで、

それを買う人がいるということです。

どうすれば志望校に受かるかの第一歩が

まず手当たり次第に問題を解いてみよう。

そういうことなんでしょうか。

それにしても地方の公立高校出身である筆者も

ン十年前、小6のときに偶然問題集を買ったことがあります。

つるかめ算、植木算なんてコトバをそれで知りましたね。

「中学受験とやらをする東京の小学生はこういう問題を解くのか」

そんな他人事のカンジでした。

問題を解くテクニックを知らないと、制限時間以内で

終了しないということもあるでしょうから、解法のテクは

必要とは思いますが、それはあくまで入学試験という

設定のもとですから。

いずれにしろ文章題というあいまいなワードと、

中学受験を結びつけて、企画が当たる、ということ自体信じられない

思いでした。

中学受験がある意味、特殊というのは、掘り下げない人が多いという

ことでもあり、出版社としてはとりあえずロングセラーになっていれば、

どの志望校に向けてのものではなく、基礎力つけましょうの範囲で

「文章題」と出てくるわけですね。

自分としては象徴的なエピソードじゃないかな、と思ってます。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。