ここまでの一連の流れ。

学費の詳細から始まって、海外への修学旅行や、高校進学時のクラス編成、

習熟度別クラス編成や特進クラスなど、

こんなに多岐にわたるとは自分でも予想外でした。

今回の記事のネタもとになったアンケートは、宝の山、ですね。

当然ですが、キタシロのいうところの

「中高一貫のメリット」は、人によって、学校によって、

もっと違う側面があるのかもしれません。

自分が言うことがすべて正しいと思うなよ?

すべて正しくはないから、思い切って言える、ということでもあります。

ここまでのいろいろな要素は、

これが中高一貫なんだ!と実感してきた、

16年間、各校を見て実感してきた、偽りのない姿だと

確信を持っています。

人間、信じれば救われるという部分があり、宗教的でもあるのですが、

そして私立の中高一貫校は実際にキリスト教や仏教の価値観を

底流に持っていたりするのですが、個人的には

信じるだけでパーフェクトになることは起こりえないと思っています。

学校の個性はそれぞれに強み、弱みでもあります。

だからこそ、判断する要素が多すぎて、さっぱりわからないと言わず、

受験生、保護者が魅力に感じる部分、シンパシーを感じる部分を

だいじにして学校選びをしてほしいと思うのです。

徹底しようとするあまり、各分析がマニアックで

複雑になったわけですが、大切なのは視野を広げることであり、

俯瞰の視点を持つことです。

なんだか、いったん中締めのようになりましたが、

次回からはブログスタート時の記事をあらためて読み返し、

何が変わって、何が変わらないのか。

今一度強調したいエピソードは何なのか、

少し違うテンポで書いてみたいと思います。

偏差値と東大合格者に縛られる中学受験…

公立じゃなきゃどこでもいいという中学受験…

このまま保護者の価値観を受験生に「押し付けている」のであれば、

不幸な中学受験だと心底思っています。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。