かつて受験案内本の巻末資料でも、

「特進クラスのある学校」のリストアップをしていました。

その意図は

高校募集のある学校における、中高一貫生の位置づけと、

中学募集時の受験生に対する「進学校である印象」の擦りこみについて

読者に理解してほしいと思ったからでした。

でも、それをストレートに言わないと、暗にほのめかしても

なかなか伝わらなかったのではないかと思っています。

(実際問題それは不可能です)

・高校で「特進」を強調するついでに中学にも「特進」を創設した学校

・「特進」というネーミングで募集の好印象を狙った学校

・募集時は特進と一般の区別はないが、入学後に選抜される学校

まあ、いろいろです。

ただ海外への修学旅行同様、学校側がその必要はない、と考えている学校の中に

上位校が多いのも事実。逆に特進クラスの設定が外見だけで、実際には

進路実績に結びついていないタイプも多く見受けられました。

また埼玉などの私立高校は偏差値にかかわらず、コースを細かく分けることで

多くの受験生を受け入れようとしているために、同じ考え方を中学募集でも

適用しているケースがあり、「中高一貫」の主旨とは合致しないのでは?

そうも思いました。

東京では高校募集校の49.5%がコース別募集ですが、コース別募集実施校の中学募集は

特待入試、奨学生入試を含めてその61.8%が中学でも一般とそれ以外を区別した募集を実施。

これが埼玉では高校募集校の76.9%がコース別募集を実施し、実施校の60%が

中学募集でも同様に分割した募集を実施しています。

見落としてはならないのは中学を併設していない学校よりも、

中学・高校の両方で生徒募集をしている学校のほうが、

若干ですが偏差値的にも上位にくる傾向があり、

・中学があってレベルがそこそこ高い

と見なされている高校が東京のほうに多いためです。

それに比べて埼玉では学校規模が大きい私立高が多いため、

高校でのコース別募集が東京より進化したようです。

佼成学園や国学院久我山、宝仙学園のように高校募集の場合はかなり狭き門である学校も

中学では分割募集をしているいっぽうで、

高校募集を実施せず、中学募集のレベルアップのためにコース別募集をしているケース、

大妻中野、かえつ有明、麹町学園女子、東京都市大付属、中村などもあり、

確かにすべての学校が高校でのコース別募集の余勢をかって、中学でも実施している

とは言い切れません。

各校の募集スタイルで、その先をどう見据えているかは如実にわかるというわけです。

鉄則は高校募集もある学校を受験する場合は、そちらの入試状況もしっかり

見ておくこと、です。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。