以前お会いした英語の先生で、リスニングは早期から鍛えないといけない、

とおっしゃっていた方がいました。当然のことだと思いますが、いくら早期といっても、

中学校が関われるのは中学一年に入学してから、です。それ以前に聞く力を鍛えることは、

できないわけです。

その先生が言うには中学一年に入ってすぐ、本当の発音、特に英語独特の日本語にない、

LとRとか母音のバリエーションをいかに習得するかが、

その後の英語力のカギを握る、ということで、

独自の方法で発音練習をほかの英語の授業とは分けて行っているとのことでした。

さまざまな母音のパターンが登場する中に、その単語、聞いたことがないけど?

というケースが出てきます。

その先生は「意味は後で知ればいい。いまは発音のカタチだけ習得しよう」

キタシロが中学生の頃は

「その単語は習った」「そんな単語まだ習ってない」という議論はしょっちゅう起こってました。

「センセー、習ってない単語を試験の文章に入れないでよ」みたいな。

知らない単語が出てきたところで、瞬間的に「わからない!」と英語が嫌いになるようでは、

なかなか先へ進みません。

ちゃんと理解できていないが、そういう単語があるらしい。

以前fc2ブログのほうでも触れたと思うのですが、仮の認知をして先へ進むわけです。

潔癖症というわけではないのでしょうが、ひとつでも見たことがない単語が出てくると、

思考停止してしまうようでは、英語学習のスピードが出ません。

これ、かなりベーシックな問題のような気がします。

教科書の何ページに載っていた、載っていないではなく、どんどん単語を覚えていく習慣を

つけないと、いつのまにか英語嫌いができあがってしまうので、

この先生の方法「発音のために仮に認知しておこう」という学習法はとても面白いと

思ったのです。

英語としての発音のパターンがわかってくれば、読めない単語は

とりあえずローマ字読みして覚えておく、などというムダな行程を省くことができます。

それだけでも学習効率はかなり違いますしね。

そして英語のつづりが頭に入っていれば、コミニュケーションなどと誤表記することも

避けられるようになります。

先へ進むためのひとつひとつの手段をしっかり身につける、勉強法を自分のモノにするための

ヒントと機会を学校がどれだけ与えてくれるか、は大きいです。

さて、英会話の授業を、文法やリーディングと別に行うのは理解できますが、

集団授業の中で効率よく進めるのはなかなか難しいわけです。

先生が実例を見せて「さあ、みんなで!」と言っても手を抜く生徒はいるわけですし、

「じゃあペアになって、やってみましょう」と言っても、スキルに差があれば、

決められた形でコミュニケーションを果たすことができません。

あるとき校内で授業見学をしているとき、案内の先生に

「ここは英会話の授業です」と訪れた教室で、生徒たちがふたり一組で何かをしていました。

ちゃんとできたかどうかは、お互いで確認し合ってくださいね…

その時点でお互いが正しいことが何かを知っていて、教え合える関係じゃないと

授業は「一応やりました」で終わってしまうように思います。

もちろん先生への信頼や、生徒たちの真剣さなど紛れる要素は多いものです。

子細な授業の進行テクについては専門家ではありませんので、違っていたら

申し訳ありません。

でも、似たような偏差値の学校でも、形だけで進めている学校と、

なるほどそうやっていたら、普通の公立中とは差がつくわけだ、と思える学校が

あるのだと思います。

ぜひ、機会があったら、授業見学、特に英語の授業は必見なんじゃないかと

思います。

もう1日、英語の授業の話を続けます。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。