高入生とのクラス混合の話題、続けます。

難関大合格率TOP50(7年間平均値)に含まれる、高校募集ありの学校。

高2で混合、タイプは

開成、渋谷幕張、城北、本郷、桐光学園

ck_p05

高3で混合、タイプは

豊島岡女子学園、昭和学院秀英

です。

ck_p06

高1のみ別クラスという学校は、

男子校や、男子が多い共学校であることがわかります。

これは、いきなり混合するには無理があるので、

しっかり進度を調整する期間を1年間設けている、

ものと思われます。

逆に高2まで別クラスの学校は、

高3になれば文系クラス、理系クラスに分かれるので、

そこではもはや進度の調整、という段階ではないだろう、

と考えているものと思います。

これをTOP50以下にも目をやるなら、

高1のみ別クラスという学校は、

成城、宝仙学園、青稜、東京純心女子、成田高校付属

高2まで別クラスという学校は、

江戸川学園取手、城西川越

東京純心女子は数年前まで高校募集をしていなかったことを

考えると、TOP50のところで考察したように、

前者は高入生への配慮、後者は大学受験モードでは別クラスは不要、

という発想になっているように見えます。

明日は、そこまで単純じゃない学校、

各校の事情や発想について、読み取れる限りの分析を加えます。

登場するのは、

栄東、城北埼玉、西武学園文理、江戸川女子、淑徳、麗澤、佼成学園

の7校の予定です。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。