中高一貫校の高校募集あるなしを知らずに

志望校決定する保護者はいないと思うので、

本ブログでも学費の話題(高校入学金)のときもふれていますので、

分類リストは割愛します。

さて難関大合格率TOP50(7年間平均値)で、高校募集がある学校は15校。

15校のなかでは、意外と一貫生・高入生3年間別クラス、

という学校は少ないようです。

ck_p02

市川、巣鴨、東邦大付属東邦、鎌倉学園、山手学院の5校だけ。

裏を返せば、3年間別クラスにしなくても、優秀な高入生が

一貫生に追いつくということでしょうか。

いっぽう、高1時点から混合してしまうのは桐朋だけ。

ck_p01

男子校ですから、気合で追いつけ、というわけでもないのでしょうが、

高入生が全体の2割以上ですし、いまいち進路実績で苦しんでいる

ことから見ても、伝統はともかくきめ細かく対処したほうが

よいと思われます。

TOP51-100を見ると、この高1時点から混合という学校が

何校かあります。

桐蔭学園、成蹊、学習院、桐朋女子、多摩大聖ケ丘。

学習院、桐朋女子、多摩大聖ケ丘は高入生がわずかなので、

別クラスにするまでもない、とも受け取れますが、それなら、

なぜ高校募集を残しておくかという疑問も残ります。

成蹊は大学の付属なので、基本的にはこまかなコース分けなどは

しないのでしょう。ただ、系列大進学者は3割未満で、

進学校の側面もあるわけですから、共学校ながら現役進学率が低い

こともありますし、完全混合のままでよいのかはこれも疑問です。

桐蔭学園…長期低落に歯止めがかかりません。

大規模校であるがゆえの悩みもあるのかもしれませんが、

結局いまのスタイルで結果が出ていないことは確かです。

山手学院や鎌倉学園のように神奈川県立上位校との併願生が

多数入学していることもあるのでしょうが、相対的に

この2校とはどんどん実績差がついています。

明日は、どの時点でどう混合するか、という話題を

引き続き具体的校名とその実績を見ながら、掘り下げます。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。