「評価の高い」中高一貫校…

進路データである程度は判断できるわけですが、

その前に、なぜそういった進路実績が残せるのかの背景を

調べてみるとそうなる理由がそこに存在するわけです。

簡単に言うなら、中高一貫のメリットをどう認識して、

活かしているか。

従来の高校に、中学を新設して、成績上位者を

特進クラスで鍛えて結果を残している学校=評価が高い

とは限りません。

印象に残っているエピソードは女子校の富士見。

進路実績が伸びたきっかけを先生にうかがったとき、

「特進クラスをやめたからではないでしょうか」

そういう答えが返ってきまたね。

「誰でも得意分野とニガテ分野がありますから、それを補いあう、

教え合う、学び合う姿勢が功を奏しているのではないでしょうか」

高校募集がメインで中高一貫生を「特進扱い」している学校とは

意識の差に大きな差があるんですね。

「そんなことを言っても本校の学校規模を考えると、学力の高い生徒で

定員を満たすことは無理」

もちろん、部活に力を入れて学校の名を売る戦略も全否定はしませんが、

これは地域で果たしている私立高校としての役割と、創立者の建学の精神とも

密接にかかわりがあるわけですね。

難関大合格実績TOP100の学校を見渡してみますと、

TOP50では

高校募集のない完全中高一貫校70%、

高入生比率30%未満の学校18%

高入生比率50%以上の学校4%

高校生比率がもっとも高いのは山手学院で61%

TOP71-100では

高校募集のない完全中高一貫校30%、

高入生比率30%未満の学校23%

高入生比率50%以上の学校40%

高校生比率がもっとも高いのは大宮開成で91%

明らかに差がありますね。

明日は高校募集のある学校が

中高一貫生が高1進学時にどんなクラス編成をしているか、

見てみたいと思います。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。