まあ大昔ならいざ知らず、現代の学校の施設構成で考えると、

生徒たちが昼食を摂る場所は、かなり重要なのではないかと思います。

もちろんジャストなランチタイムは食事の場所として。それ以外の時間は

さまざまなコミュニケーションの場所として。

もちろん職員も利用することで、さまざまなチャンスも増えます。

神奈川大学附属の先生が言っていましたが、食券の販売機の前では、

先生も生徒もない、ちゃんと並ばないといけない…。

ジェンダー教育を推進している神大附属らしいコメントでした。

食堂がなくて、キャンパスの好きな場所で食べる、も自由度が高くて

良いのかもしれませんが、誰もが誰もを把握できませんよね。

また食堂が狭いと、交代で利用するとか、高校生専用、中学生は利用できない

とかストレスも大きいように思いますよ。

かといってホームルーム教室でいつも班ごとに机を並べて…も息苦しいものです。

真剣に緊張して授業を聞いているとするなら、

その緊張を緩める貴重な時間がランチタイムだと思うわけです。

学校にアンケートを取ると、

「食堂はあるがカフェテリアならある」

と言った回答も見かけます。

どうも、ひと昔前、修学旅行は海外!というと、

さすが私立!と感心されたように、

カフェテリアがある…というと「オッシャレ~」と思われた時代も

あったと思うんですね。

で、そのカフェテリアで昼食が摂れるかというと…そうでもない。

別にそこで仲良しがお弁当を持ち寄って食べてもいいですよ、と

言われても十分なスペースがありません。

先生に授業の質問をするのでも、生徒同士ノートを見せ合うのでも、

教室内の自分の視点から変化をつけた、違う場所がいろいろある、

余裕のあるスペース利用も校舎デザインの一環だと思うんですね。

それに対して、アンケートの答えが

「食堂があるか、と聞かれればある」

「食堂はないが、カフェテリアはある」

「利用は高校生のみである」

食堂は当然専門の業者が入るわけですから、食育の観点、生徒たちの健康管理の

観点まで含めて、学校が総合的にプロデュースする意図があるかどうか、

けっこうたったこれだけの質問でも読めるような気がします。

…ところで食堂の業者さんに食事メニューの改善、コストアップが発生するときに

関係してくるのは「教育充実費」? それとも「施設拡充費」?

どっちでもない、か。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。