昨日は学校のアウトラインを知るためのside-Bについてのお話でした。

side-B、つまり中高一貫だけでなく、その前後、小学校・大学も含めて、

生徒の流れ、構成がどうなっているかが、学校のスタイルを知るためには

重要、という話でした。

中高一貫の6年間だけに注目しても、見えてこない部分があります。

たとえば、都内の中高一貫校。中学から募集しない学校が2校あります。

つまり小学校からの一貫教育。

田園調布雙葉小中高と聖心女子学院小中高です。聖心女子学院大学は

大学で初めて外部生を募集するんですね。

つまり私学として共通の価値観を持つ集団を目指しているのです。

途中からそのブランドに憧れて入学することができない、という点で

徹底していると思います。

生徒の自主性を重んじ、勉強、部活のどちらにも打ち込み、

それなりの難関大学に進学する…ある意味で高校の理想形でしょうか。

これを徹底するためには高校の3年間だけで十分ではないというのが

中高一貫校の前提だと思うのです。

途中で高校受験をするための準備、回り道を排除して、

人間形成にもじゅうぶんに時間をかけ、自分の目標がいったいなんなのか、

自我の目覚めとともに、将来についてしっかり考えて進路を決める。

単に入れそうな高校・大学に何となく進学して社会に出ていく…

という考え方は選択しない。それが中学受験をする意義のひとつなのではないでしょうか。

いろいろな出会いとともに選択肢を増やし、自己の能力も磨く。

ところが、そう言っている状況の中で

中高一貫校の看板を掲げながらも、高校で生徒を募集する学校があります。

それが地域に求められていたり、一貫生・高入生で切磋琢磨することによって、

より多くの成果をあげることは可能ですし、実際にあげている学校もあります。

でも高校募集は程度問題です。

そこで昨日の、系列小からどれだけ合流するか同様、高校からどれだけ

新たに加わるか、はその学校の方向性を決定づける大きな要素なのです。

近年、中学を新設した学校の中には、

一貫生を特進クラスのように見て「難関大実績で貢献する集団」のように

プロモートしている学校もあります。

そういうタイプの学校では、多数派の高入生から

一貫生は「温室育ち」などと見られている可能性もあるのです。

もっと極端な言い方をすると、わずか3年間ではなく、倍の6年間も

学校法人に学費貢献をしてくれる、大切な保護者の方々…

ということなのかもしれません。

先の「学費アンケート」の詳細を調べていると、そんな気もしてきますね。

というわけできょうは、

高校募集がある、中高一貫校のうち、一貫生が肩身が狭い学校を

ピックアップしていましょう。

side-Bの活用法、その2です。

160523konyu01

160523konyu02

160523konyu03

※A=高入生比率 B=系列小出身者比率 C=系列大内部進学比率

Cの白抜きは系列短大

Aの母数は高1生徒数、Bの母数は中1生徒数、Cの母数は卒業生数と

それぞれ違うので注意です。

残念ながら高入生比率が高く、系列小出身者が多い学校は、

中学入試が低調であることがわかります。

また高入生比率が高く、系列大内部進学が多い学校は、

多数派路線がそう敷かれていることを示します。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。