学校説明会でどこを見てくるか。

第二のポイントについて。

それは在校生です。

塾関係者対象の説明会に延べ回数で言うなら300回近く足を運びましたが

学校行事の隙間に、例えば試験休みの期間などに実施する学校が

ありましたが、まあがっかりしたものです。

理由は「在校生を見せない方針」だからです。

偶然なのかもしれませんが、在校生に会えない説明会は

行ってもムダとさえ言えます。

誇るべき在校生なら堂々と見せたらよいのです。

学校のスケジュールもなかなかタイトなので諸事情があるかと

思いますが、現状認識、客観性を重視したときに

在校生の観察は必要不可欠な要素です。

その結果、こんな生徒ではうちの子を進学させたくない、

と思われてしまってはもちろん逆効果です。

だからといって、そこに背を向けては先へ進めません。

では在校生のどこを見るか。

挨拶がちゃんとできるか?

いやいや、そんなところではありません。

廊下を走っていたらNG?

いやいや。

まずは授業ですね。

え?知らない子の授業を見て何がわかるかって?

それではいくつか具体的なエピソードを交えながら、

志望校?の授業参観のチェックポイントについて

書き連ねてみましょう。

おっと、ここからが長くなりそうなので、つづきは明日で。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。