東京・共学校、です。

なんか表面的には「ほんとうに受験生って減ってる?」

そんな感じがしますね。

160221tokyo-kyogaku

(注)帰国生入試の受験者数は含んでいません。

でも、増えている学校のほとんどは、午後入試等々で集めている学校ばかり。

2/1実施で入試回数3回以内で初回の占有率が高いのは、

中央大学附属、成城学園、日大第二、成蹊などの付属系の学校ばかり。

裏返すと、第一志望度が高い、というより併願候補に入らない、

とも言えるのでは???

これは偏差値に置き直さないと、「お手軽な共学校リスト」に

なってしまいそうな気がしますね。

確実にこういった「お手軽路線」に一定の反応があるのは

事実なようです。

確かに「まあまあ」の学校探しも重要なんですけどね。

<掲載校>=広尾学園,国学院久我山,渋谷教育渋谷,青稜,東京都市大学等々力,東京農業大学第一,慶応中等部,開智日本橋学園,淑徳,明大明治,法政大学,宝仙学園理数インター,安田学園,桜美林,かえつ有明,中央大学附属,青山学院,成城学園,東京電機大,日本大学第二,順天,明治学院,成蹊,文教大学付属,早稲田実業,東洋大京北

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。