このカテゴリーの記事は早めに押さえておくことにこしたことはないのですが、
紹介するきっかけがなく直前の1月になって公開したものです。

さてさて、2科4科入試の話題で口火を切ったこのカテゴリーは各校の入試改革をテーマに扱っています。

なぜなら、各校は少しでも優秀な受験生に集まってもらうために、リーズナブルな入試形態に

変更してきた歴史があるからです。

当然ながら、一部の上位の伝統校はそこまで改革の必要を感じないために、日程も含め、昔ながらの入試を

続けているケースもあります。それで受験生の減少が発生していないのならば、特に

「改革」の必要はないということでしょうし、その「不変」の部分に突っ込みを入れる道理もありません。

ところが、一部の中堅以下の学校では、教育内容の改革よりも、目先の入試改革に腐心している

ようにも思われます。毎年のように入試日程その他に手を加え、いかにも前年対比が

出せないように意図しているかのような学校もあります。

これはもしかして、外部の評価に対してではなく、内部評価を不可能にしてしまう

危険性さえあるように見えますね。

こういった受験生のためとは思えない入試改革の一部としての2科4科入試では、

せっかくの選択式なのに4科受験生がほとんどいない、といったケースさえあります。

毎年ほんの数人の4科受験生のために「本校は4科でも受験できます」とポーズを

取っているというわけです。

またかつて4科生対応の姿勢として、まことしやかに言われた理由として

しっかり理社の対策ができている受験生は、入学してからの伸びに期待ができ、ゆくゆくは

センター試験を経由して難関国立大へ合格する可能性が高い、といわれました。

これも、4科対応入試に変更することで、入学してから伸ばすイメージを前面に出した

ということです。

少し考えればわかりますが、しっかり進路実績を残している学校は、当然そこはうたいませんよね。

いくつかの学校がそののち、2科4科入試から4科入試へシフトしたときにも同様の理由が語られましたが、

男子校はともかく、都内の女子校はさほど国公立志向が強くないので、センター試験を

意識して…のくだりは理にかなっていません。

ただただ入試の時点で学校の将来性を印象付けたい、という入試広報、募集対策の

一貫として「4科」が強調されたにすぎないと思っています。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。