せっぱつまった12月にはこんな記事に注目が集まっていたんですね。
でも、その時点でこれを読んで納得しているようでは遅い、と思うのです。

みんな知ってる「チャンス1回」校。で、これも違う意味で「地雷」かあ。

こうして勝手気ままに「ほんとうのこと」を書けるのもいつまでだろう、と思ったりします。

利害関係が発生しちゃうとそうもいかなくなる。

なーんて、言いつつ、ずっとこのペースだったりして。

ブログまとめのランキングサイトを利用しているけど、当然そこには該当するテーマの

情報を求めたユーザーが来るってんで、必死に広告を打ってる学校を見かけますね。

ブログを書いている側が読み手をどう感じているかも含めて、この現象を判定すると

「それしか方法がない。正当性があるから予算を割ける」だけのように思うんですが。

見事に××な学校のバナーが登場してくる。

「違うんですね、けっこう効果があるんですね…」

というのであれば、逆に心配なのはノッてくる保護者でしょ。

学校はほんとうはそれを自分でわかっているのじゃないかな、と。

いずれにしろ版元という立場にいたなら、きっと同様に「効果あります!」と

プレゼンしていたに違いないから、世の中、いかに本音と建て前は別かっていうこと。

それこそ「何事にもウラがある」を正しいとは限らない、なんて論じる次元では

狡猾な方々に転がされ放題だと思います。かなり、抽象的ですけどね。

そうならないのが「生きる力」「運用力」「活用力」で、

それを求めて中学受験する、ってんなら、かなり美しい展開。

さて併願作戦上の地雷校。

こうなります。

1kai_nyushi

論理的に整理すれば、まず入試を1回しかしない学校。

ここで日程がかぶったら、併願は不可能で、当然第一志望、第二志望に置くことも

陳腐。どちらかは受けられないわけだから。

受けられない学校の入試対策をするという奇特な人はいないはず。

いるって?(笑) 時間は限られているのに?

まあ仮に、日程が違っていれば受験は可能。

でも偏差値(共学校は男子のみ)を見てくださいよ。これはあくまで昨年同時期のもので、最新ではないですが

いかに難関校が揃っているかがわかります。

つまり「学校が受験生を選ぶ」→「1回しかチャンスはないよ」校だということ。

ということなので、そういう「選ぶ」学校を複数受験することって、かなりストレスが高いと思うんです。

もちろん、なんだかんだで受験生の第一志望度も高い。

実質倍率が低くても、ホンキの受験生が集まる傾向にあれば、厳しい入試になって当たり前ということです。

<リスト掲載校>青山学院,麻布,桜蔭,開成,暁星,慶應義塾中等部,香蘭女学校,駒場東邦,女子学院,白百合学園,創価,桐朋,武蔵,立教女学院,早稲田実業学校,早稲田大学高等学院,浅野,栄光学園,慶應義塾普通部,慶應義塾湘南藤沢,湘南白百合学園,フェリス女学院,横浜雙葉

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。