夏ごろのこのブログで登場したかつての仕事のパートナー、

彼はキタシロと同い年で、中学受験で武蔵に合格できず、

高校で早大学院に進学した、根っからの東京人でした。

中学受験の何たるか、を最初に自分に伝えてくれた人物で、

当時の上司よりも、繰り返し議論の相手になってくれたものでした。

彼はすでにもうこの場所にはいないので、

自分がこの業界とかかわり続けてきた歴史の中で

彼からの薫陶を時折思い出し、自分にできることは何なのか、

もし彼がここにいたなら、このブログを何というか

ときどき考えます。

その彼が、業界の誰だったか忘れましたが、こんなことを言いました。

「今はどこの学校も、入試を何回も何回もするようになったけど、

そりゃあ回数をやれば受験生は集まるよ。入試は1回、というのが

正しい募集かどうかは知らないけど、2次入試、3次入試で

たくさん受験生を集めている学校よりも、初回でしっかり集めている

学校のほうが上だと思わない? 今度そういう集計をしてみなよ」

もう5年も前のことですが、いつか実現したいと思っていました。

でもなかなか機会がなく…。

ようやくそれなりのデータ分析ができた、と自負しています。

何度も出しますが、この分布なんです。

100kou_image

160311linemoved

「受験する価値のある学校」のラインが上がっています。

それは学校側が「もはや売り手の市場じゃない」ことを

相変わらずつかみきっていないから。

実際に入学した保護者の変わりゆく価値観と、

伝統ある私学の建学の精神を突き合わせて、

悩みぬいていないから、じゃないのかなと。

誰もが数字だけを追う世の中ですから。

いつも言っている「結果は数字に表れる」と

「まず数字を追いかける」とは違うと思うのです。

来週の記事からは、数字の分析からしばし離れて

(またすぐに戻る気もしますが…笑)

いろいろな「人間」の話を、教育ネタとからめつつ、

何本か、放ってみたいと思います。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。