ネット上で某池尻、三茶方面の男子校を扱ったブログがけっこうアクセスを集めているように思います。

「伸びているアノ学校、実は裏側はあんなだぜ」

部外者はけっこうそういう話を面白がるようです。(←このブログはのちほど悪意のフェイクと判明しました)

あんまり面白がられて真剣に受けようと思っている受験生も迷ってしまったりするんでしょうか。

そういう学校ってほんとうにいい学校なのですか?

愚問です。

どの学校にも弱点はあります。

そこだけは進路実績では判定できない部分です。

カンペキな学校はないですよ。

いじめだって、ないとはいえません。

その学校の周辺に住まっていると、その学校の優秀な進路実績よりも、

在校生の生活態度のアラのほうが多く見えてきて当然です。

ある超トップクラスの学校も地元の商店街で

「万引き注意報」が出たことがある、と聞きました。

「あいつら、ゲーム感覚で万引きしやがる。要注意!」

見つかるようにやっちゃだめですよ。

おっとアブナイ発言でした。冗談です。

学校名を書きませんが、進路実績を矢のように伸ばして、もうTOP30クラスまで

駈け上がった某女子校。

たぶんここ20年の伸びで首都圏屈指の上昇校。

この学校が昔、繁華街で集団万引き事件を起こしたことがありました。

当然新聞に校名は出なくてもおおまかな所在地が載ると「どこ?」となります。

当時「首都圏中学受験ネット」にBBSがあって、関連のスレッドが立ちました。

編集部としては不干渉を装いましたが、ユーザーが校名を推測し始めるにあたり、

事実と違う校名が出始めたため、介入して沈静化を図ったんですね。

時を同じくして、会社の某OBを経由して、校長がスレごと削除して欲しいと

言っている、と圧力がかかりました。結果としてスレごと削除したのですが、

どうして直接依頼してこないのだろう、と不思議に思いました。

学校としては事態に窮していたことは想像にかたくないのですが、

危機管理力に疑問を持ったのです。

自分もよく知っている校長先生でした。

何度も説明会に行っていますしね。

時をさかのぼって最初にこの学校に行ったとき、もう十数年前ですが、

「伸びている学校はこうなのか?」

と思いました。理由はわかりませんが、

新しく入学してくる生徒たちは、1年先輩よりも上位の偏差値を持っていて、

少なくとも先輩たちの合格実績は超えていく…そんなモチベーションを感じたのです。

偏差値のプライド?

それから何年かあとに周辺住民から登下校のマナーが悪い、という話が聞こえてきました。

校長先生は校長先生で塾関係者対象の説明会で、

「最近の生徒は(白ブラウスの下に)カラーの下着を着用していて女性としての恥じらいが足りない」

と発言しました。

悪意はないのですが、とりようによっては…

「それはリップサービスでも言わないほうが…」と思ったものです。

集団万引き事件の数年後、その学校はまた騒動に巻き込まれました。

悪性インフルエンザで学級閉鎖騒動です。

たしかそのときは危機管理力が向上して、外部に対してうまく事を収めたように記憶しています。

ほんとうになんでこの学校のエピソードばかり知っているんだ?というほど、

不思議に思います。

ただ、気になるのは校長先生はいいとして、No.2というか学校の顔としての

教頭、広報部長をこの学校が置かないことです。(全スタッフが責任を分散する主義?)

アンケート依頼をすると回答者の氏名の記載がないのは、ほんの数校です。

長きにわたり、ここは回答者名=「入試広報室」となっており、アンケート依頼先は「入試広報室御中」として

いました。

とても細かいのですが、ずっとここに引っ掛かりがありました。

ことしの春先、この学校の知らない先生から編集部に封書が届きました。

宛先も不完全で、社内の郵便物係が学校からの封書はウチの編集部だろう、と推測して

自分のデスクに置いたのでしょう。

とりあえず開封してみたところ、個人情報を含む詳細な大学受験体験記が出てきました。

びっくりして学校へ連絡を取り、差出人の先生に尋ねたところ、

「どの部署の誰からの依頼か不明瞭だったので、会社名だけ書いて投函した」という回答。

こちらの受け取りとしては、

「頼まれたことなので対応する」「こちらにはそうするしか方法がない」

という先方の主張に聞こえました。

その後、なんとか依頼した部署を探し出して転送したのですが、

ちょっと隙が多すぎるように思いました。

外部から注目される学校だけに、それなりの覚悟が足りないかもしれない、と。

ここまで書くと、「そういえば…」とまだエピソードがあるのですが、

ここまでにしておきます。

学校選びにリスクはあります。保護者にもそのリスクの当事者になる可能性がゼロではありません。

偏差値だけで学校を信じることだけは避けておきたいものです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。